渋谷の歯医者さんでリスクに合わせた虫歯予防指導

渋谷の歯医者さんでは患者さんごとに適したプランで虫歯予防の指導をしています。
虫歯は、口の中にいる細菌に感染することにより発症する感染症の一種です。口の中にはとてもたくさんの種類の細菌が棲息していて、数や種類ごとのバランスは人それぞれです。
多くの細菌のうち、特定の細菌は食べ物や飲み物の中に含まれている糖分をエネルギー源として使い、酸を作りだす性質を持っています。
歯の表面は、酸に弱いという特徴があります。

渋谷のインプラントに関して悩んだら、是非お試し下さい。

最近が糖を使って作った酸により、表面が溶け出してしまうのが虫歯です。
酸を生成して歯の表面を溶かしてしまう細菌が一般に虫歯菌と呼ばれています。
ここで、口の中の細菌群のバランスには、個人差があります。



この差により、虫歯になりやすさ・リスクは一人一人違ってきます。そして、虫歯菌が多くリスクが高い人とそうでない人とでは予防方法も変わってきます。


そこで渋谷の予防重視の歯医者さんでは、患者さんの虫歯のリスクをはかるために唾液の検査をしています。

唾液の検査はサリバテストといい、固いガム状のものを噛んで採取した唾液を分析して最近の種類や数、棲息のバランスを調べる検査です。サリバテストの結果虫歯間原因菌が多い人では、細菌にとって住みやすくなってしまっている口腔内の環境を改善する必要があります。

細菌はプラークの中に潜んでいますので、渋谷の予防重視の歯医者さんではその方に合った歯磨きとプラークコントロールを指導しています。



またいつも糖分が口の中にあると虫歯菌の活動が活発になりますので、食事と食事の間の時間はしっかりあけてだらだら食いをしないようアドバイスもしています。
虫歯菌は糖分を使って酸を出しますが、砂糖と同程度の甘味があるキシリトールはエネルギーとして使うことが出来ず、酸も生成できません。


そのため渋谷で予防指導をする歯医者さんでは、キシリトールのガムやタブレットも勧めています。